禿げてもめげない
PCパーツやFPSのレビューを中心に、自作PCとかPCゲームとか。Antec P180、P182、P183、P280 Reviewあります。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Windy MT-PRO2000を加工する
PC中身総とっかえ計画により電源も換装することになった。
以前はVarius335P4というWindy製電源を使っていたので何の問題も無かった。しかし、ケースが古いせいか(1999年1月購入)、星野が糞なのか、今時のツインファン電源(ENERMAX EG465P-VEⅡ(FMA))の吸気ファンをCPU側に向けると開口部が全然合わない。もー全然ダメ。

電源を変える訳にもいかないのでケースを加工することにした。
準備したものは、ハンドドリルと棒(板)ヤスリ。どちらも金属用をDIY店で購入。安物で十分。あとはニッパー。

【1】電源を可能な限り入れて、切り取る部分にマジックで墨打ち。幸いにもネジ穴はひとつ追加するだけでよかった。
PCcase01s.jpg

【2】墨打ちした部分の内側をドリドリして穴をあける。人力なのでアルミの柔らかさを実感できる。
PCcase02.jpg

【3】ニッパーで穴と穴の継ぎ目を何本か切って不要部分を折り取る。
PCcase02.jpg

【4】ひたすらヤスリで不要部分を削る。猛烈な勢いで削ることができ、ここでもアルミの柔らかさを実感できる。切断面を滑らかにしないとちょっと怖い。
PCcase02.jpg

【5】作業終了。作業時間約2時間。見た目も悪くない。ネジは3個で十分。意外と簡単だった。
PCcase02.jpg


人気blogランキングに参加しています。ポチッと投票お願いします。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理人にだけコメント表示を許可する
   管理人がコメントを読むのに遅れる場合があります
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
(当サイトへのリンクの無いトラックバックは削除します。)
http://day8ge.blog15.fc2.com/tb.php/2-e1200122
この記事へのトラックバック

このブログはPCパーツやFPSのレビューを中心に、自作PCやPCゲーム、通販レポートについてお送りしています。
お勧めのPCパーツレビューはAntec P180、P182、P183、P280、Mini P180、CWCH50-1など。

FC2Ad

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。