禿げてもめげない
PCパーツやFPSのレビューを中心に、自作PCとかPCゲームとか。Antec P180、P182、P183、P280 Reviewあります。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PCケース Antec P180の冷却性能2
現在の構成でどの程度冷えているのか試してみました。
構成の特筆すべき点は、
  • Pentium-M 740のOC:1.73GHz→2.51GHz
  • AOpen7800GTはOCモデル:400/1000MHz→430/1100MHz
  • 7800GTはZAV化+RivaTunerでファン25%に絞り
  • フロント中段に12cmファン1400rpm
  • HDDは2台とも下段
  • 電源は背面ファンのみのストレート排気
  • ケース付属の12cmファンはLで駆動
    といったところ。
    その他の詳細はコチラ

    テストの結果は・・・
    M/B CPU GPU HDD1 HDD2
    アイドル時 22 32 38 27 28
    3DMark06 25 38 54 28 29
    ATI Tool 26 46 62 28 28

    ※全ての温度はエベレスト読み
    ※室温16度
    ※3DMark06はdemo終了時(10分弱)
    ※ATI Toolは15分程度show 3D view

    注目はやはりZAV化しているGPU(7800GT)ですが、38度→62度となっています。
    ATI Toolを放置して15分程度経った時にみたところ62度から上がらなくなったのでストップしました。
    が、
    比較対象が無いのでテストの意味が無いw
    シバキ続けても62度程度で抑えられることがわかったのは収穫ですかね。
    安心してゲームができる、と・・・
    更にHDDの温度も書いてますが、全然HDDのシバキにはなってないですw
    コレはまた後日(HDDって何でシバけばいいんだろ?)
    まぁとりあえず今の構成ではこんな感じですよって事で。
    ちなみにシバキ時でも全然静かです。hehehe
    関連記事

  • コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理人にだけコメント表示を許可する
       管理人がコメントを読むのに遅れる場合があります
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    (当サイトへのリンクの無いトラックバックは削除します。)
    http://day8ge.blog15.fc2.com/tb.php/261-ed3a4848
    この記事へのトラックバック
    【オフィシャルサイト】製品情報スペックシート
    2006/01/29(日) 13:18:47 | 禿げてもめげない

    このブログはPCパーツやFPSのレビューを中心に、自作PCやPCゲーム、通販レポートについてお送りしています。
    お勧めのPCパーツレビューはAntec P180、P182、P183、P280、Mini P180、CWCH50-1など。

    FC2Ad

     

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。