禿げてもめげない
PCパーツやFPSのレビューを中心に、自作PCとかPCゲームとか。Antec P180、P182、P183、P280 Reviewあります。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奥行き175mmの1000W電源
KWクラスのATX電源と言えば、奥行き220~230mmのサイズが多いようですが、TAOから奥行き175mmの1000W電源が発売されるようです。
SLI、CrossFire、Quad FXの動作認証取得というTAO-1000WP10RZ。
2007年1月10日発売予定だそうです。

ストレート排気、着脱式、奥行き175mmとこれはP180で使えと言わんばかりのスペックw
奥行き175mmはP180に取り付け可能な電源によると、OCZ 520W(150x175x86)で実績があります。下段中央ファンを外せば取付可能のようです。
他のKW級電源にくらべ奥行きが短いと言うことは、その分中身が詰まってるわけで、音と熱がアレな感もありますが、

ストレート仕様の吸排気80mm角ファン×2と,温度センサーを利用して自動制御されるファン回転数によって,効率よく,そして静かに動作するとタオエンタープライズは謳っている。

とのこと。
そして、予想実売価格は6万円前後。
発売済みのものと比べるとやはり割高デスネ。

※初出時に奥行き150mmと記していましたが、私のミスでした。4Gamerに150(D)って書いてるんだもん・・・普通Dつったらdepthで奥行きでしょうに・・・

【ネタ元】
タオ,SLI&CrossFire認証済みの小型1000W電源ユニットを発売 - 4Gamer.net

【通販情報】1000W電源
クレバリー
ソフマップ
ツクモ
ツートップ
ドスパラ
フェイス
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理人にだけコメント表示を許可する
   管理人がコメントを読むのに遅れる場合があります
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
(当サイトへのリンクの無いトラックバックは削除します。)
http://day8ge.blog15.fc2.com/tb.php/454-baa2e301
この記事へのトラックバック

このブログはPCパーツやFPSのレビューを中心に、自作PCやPCゲーム、通販レポートについてお送りしています。
お勧めのPCパーツレビューはAntec P180、P182、P183、P280、Mini P180、CWCH50-1など。

FC2Ad

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。