禿げてもめげない
PCパーツやFPSのレビューを中心に、自作PCとかPCゲームとか。Antec P180、P182、P183、P280 Reviewあります。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いまどきのサウンドカードの選び方
「ゲームするならSoundBlaster」という言葉が金言でなくなりつつあるこの頃ですが、
4Gamerで非常にありがたいサウンドカード比較レビューが行われていました。
比較対象は、
・Xonar DX (PCI-E)
・Xonar D2X (PCI-E)
・Xonar HDAV1.3 Deluxe (PCI-E)
・Sound Blaster X-Fi Titanium Fatal1ty (PCI-E)
・Sound Blaster X-Fi Titanium(PCI-E)
・SE-200PCI LTD (PCI)
・Realtek ALC885 (オンボード)

要するに、
・Xonarの下位、上位、最上位、
・X-Fiの下位、上位
・他製品とは一線を画すONKYOのカード
・オンボード
の音質を比較しようと言うことです。

サウンドカードによるゲームパフォーマンスへの影響は、
オンボードとその他のカードでは大差ないことが既に分かっています。

耳が肥えた人が行う「音質に軸をおいた比較」はありがたいところです。
ちなみに素人の私の耳でも、オンボードとX-Fiのゲーム音質の違いくらいはわかりますので、
サウンドカード同士の比較が一番の見所でしょう。

詳しいレビューはネタ元を見ていただくとして、
・リアル5.1chサラウンドならXonar HDAV
・ヘッドホンならX-Fi Titanium
・音楽重視ならSE-200PCI LTD
という結論になっています。

リアル5.1chで爆音を鳴り響かすことができるリッチな環境を準備できる方はXonar HDAV。
ヘッドホンで浸ることしかできない庶民は、2chヘッドホンとX-Fi TitaniumでCMSS-3Dheadphone使っとけ、と。
なんだ俺のことじゃないか。
次はX-Fi Titanium買えって事だな。

・・・・いいかげんSoundBlasterから解き放たれたいんですけどね。。。
なんか10年以上SoundBlaster使ってるような気がしないでもありません。

【ネタ元】
「音」で選ぶ,ゲーマーのためのサウンドカード購入ガイド - 4Gamer.net

【通販情報】
Xonar HDAV
クレバリー
ソフマップ
ドスパラ
TWOTOP

X-Fi Titanium
クレバリー
ソフマップ
ドスパラ
TWOTOP
関連記事

コメント
この記事へのコメント
2008/12/26(金) 19:54:49 | URL | ―10年目のSoundBlaster。 #-[ 編集]
X-Fiの最新ドライバで追加された新機能「Microsoft Office IME 2007とのコンフリクト」には心底参りましたよ。
ドライバ更新ごとに自作の醍醐味を満喫させてくれるSoundBlasterを使い続けたいですね。

2008/12/27(土) 09:27:51 | URL | DaY8Ge=) #v8cxtbVc[ 編集]
なんとそんな素敵な新機能が追加されているとは。
さすが我らがCreative。期待を裏切りませんなぁ

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理人にだけコメント表示を許可する
   管理人がコメントを読むのに遅れる場合があります
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
(当サイトへのリンクの無いトラックバックは削除します。)
http://day8ge.blog15.fc2.com/tb.php/684-4903c264
この記事へのトラックバック

このブログはPCパーツやFPSのレビューを中心に、自作PCやPCゲーム、通販レポートについてお送りしています。
お勧めのPCパーツレビューはAntec P180、P182、P183、P280、Mini P180、CWCH50-1など。

FC2Ad

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。