禿げてもめげない
PCパーツやFPSのレビューを中心に、自作PCとかPCゲームとか。Antec P180、P182、P183、P280 Reviewあります。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CORSAIR CWCH50-1のグリス
CWCH50-1に初めから塗られている熱伝導グリスについての情報です。
CPUクーラーに初めから塗られているグリスは拭き取って、
シルバーグリス(AS-05)を塗って使う。
私のデフォルトはこのパターンなのですが、CWCH50-1については、どこかでシルバーグリスに塗り替えたら温度が上がったという報告を読みました。

ほう、そうなのか。と思い、今回は塗り替えずに使っていました。

実際のところ、検証ではTRUE Black 120+AS-05と同程度の性能を見せていますし、
CWCH50-1に初めから塗られている熱伝導グリスは結構優秀のようです。
しかし、その詳細については不明なので、リンクスさんに聞いてみました。

その結果、こちらの放熱用グリスということまでが判明しました。
それ以上は不明です。

AS-05は熱伝導率: 9.0W/m・Kとうたっていますが、
上記のページでは放熱用の最強でも4.5W/m・K(溶剤が揮発するもの除く)
でも、G-765 熱伝導率 2.9W/m・K。 CPUの放熱に最適と言うのもあります。
これかぁ?

いままで熱伝導率が高ければ高いほど良いと思ってたけど違うのか?
それとも塗られているのは特注製品なのか?

真相やいかに。

というか日本の製品だったのね。ガンバレ日本。

【2009/10/19追記】
ICD7C、AS-05、付属グリスの比較テストを行われている方が居ました。
CWCH50-1 グリス比較 - 同期作業が進行中
アイドル時はICD7Cがかなり優秀ですが、
負荷時ではアイドル時ほどの大きな差は見られないようです。
つまりCWCH50-1の場合、負荷時は、ラジエータでの冷却速度が、グリスの熱伝導速度に追いついていないってことですよねぇ。
結局、冷却機構の冷却速度に見合ったグリスを使えば十分と言うことなのか・・・
shuさん、情報提供ありがとうございました。

【ネタ元】
リンクスの中の人

【通販情報】CWCH50-1
Amazon.co.jp
クレバリー
ソフマップ
ツクモ
ツートップ
icon
ドスパラ
関連記事

コメント
この記事へのコメント
2009/10/12(月) 00:02:56 | URL | hs #mQop/nM.[ 編集]
ここの記事のおかげで踏ん切りがついてCWCH50-1買いました~。

LGA1156への取り付けが微妙に難しいのはアレでしたが、
そこそこ静かでかなりいい感じに冷えてくれるのがいいですねぇ。

2009/10/12(月) 22:01:52 | URL | とおりすがり #8iCOsRG2[ 編集]
熱伝導率が高すぎて冷媒をあの小さなラジエーターで
冷却するより水枕から受け取る熱量のほうが大きいので
ある程度熱伝導率が低い物の方が効率よく冷却できる…
って、無理があるか。

最近親和産業が発売したICD7Cと言うダイヤモンドグリスは
Silver 5よりも冷却性能が高いと話題になってるみたいですが
それで試してみたい所です。

2009/10/14(水) 11:15:37 | URL | DaY8Ge=) #v8cxtbVc[ 編集]
私の1156への移行は、まだ先になりそうですが、
今度クーラーつける時はダイヤモンドグリス使ってみたいですね。

つうか通電性、腐食性、毒性のない粘度の高い液体金属ってないのかなw
メタルスライムみてーなw

管理人のみ閲覧できます
2009/10/17(土) 15:24:43 | | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理人にだけコメント表示を許可する
   管理人がコメントを読むのに遅れる場合があります
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
(当サイトへのリンクの無いトラックバックは削除します。)
http://day8ge.blog15.fc2.com/tb.php/752-c2bc4a7b
この記事へのトラックバック

このブログはPCパーツやFPSのレビューを中心に、自作PCやPCゲーム、通販レポートについてお送りしています。
お勧めのPCパーツレビューはAntec P180、P182、P183、P280、Mini P180、CWCH50-1など。

FC2Ad

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。