禿げてもめげない
PCパーツやFPSのレビューを中心に、自作PCとかPCゲームとか。Antec P180、P182、P183、P280 Reviewあります。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Windows 2000 server
Windows 2000 serverをPen3-500MHz、メモリ256MBのPCで動かしているのですが、常時異音が発生するという事態になってしまいました。
異音の原因はファンっぽい感じで、多分CPUファンなのですが、いまさらPen3時代のCPUクーラー探して交換するのもめんどくさいし、Win2000のMSサポートも今年で終了するので、もう2000はいいかなーと思っている次第であります。
で、2008serverでも買って入れ替えようかなどと思っています。

NECのExpressシリーズが大好きなので、2008serverで安いのを探してみましたが、USB3.0にはまだ対応してないものばかり。
USB3.0はまだ走りもいいとこなので当たり前か。。。

また、最近はraidについてちょっと思うところがありまして、
ハードウェアraidをながーく運用してると、raidチップの方が逝くパターンが多くて非常にめんどくさいです。
HDDは逝っても代替をすぐに購入できるのですが、raidチップとなると同じマザーや同じカードを探す必要があり、もうイヤンて感じですw

ソフトウェアraid(Windows2000以降で言うところのダイナミックディスク)の方がラクなんじゃね?という気がしてきているのです。
HDD以外のハードウェアが死んでもOSさえ復旧すれば生き返るわけで、データ保全を最重要と考えるなら、コレが一番ラクで安い方法なんじゃないかと思い始めました。
WindowsOSが入ってればデータの時点コピー(スケジューリングミラー)も、フリーソフト(もしくは安価なシェアウェア)でできますし、TrueImageのような独自アーカイブ形式ではなく、ファイルがそのまま入っているのでOS復旧して共有かければハイ元通り。
(決してTrueImageを否定しているわけではありません。TIはTIですっごい便利な良いソフト。)

ということで、
新規に2008server機を買うのは1~2年程先延ばしにして(USB3.0の普及を目論んで)
2000serverをPen4あたりの余ってるPCに突っ込んでお茶を濁そうかなぁ・・・金かかんねーしw
とか思ってみたり。

つーかいつのまにかWindowsサーバーOSの呼称が変わってたんですね。
Windows NT server
Windows 2000 server
Windows Server 2003
Windows Server 2008
バージョン名とserverの順番が2003から入れ替わってるのに最近気付きました。

関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理人にだけコメント表示を許可する
   管理人がコメントを読むのに遅れる場合があります
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
(当サイトへのリンクの無いトラックバックは削除します。)
http://day8ge.blog15.fc2.com/tb.php/776-14ddf312
この記事へのトラックバック

このブログはPCパーツやFPSのレビューを中心に、自作PCやPCゲーム、通販レポートについてお送りしています。
お勧めのPCパーツレビューはAntec P180、P182、P183、P280、Mini P180、CWCH50-1など。

FC2Ad

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。