禿げてもめげない
PCパーツやFPSのレビューを中心に、自作PCとかPCゲームとか。Antec P180、P182、P183、P280 Reviewあります。

Sound Blaster X-Fi

クリエイティブ、新世代サウンドカード「Sound Blaster X-Fi」

ゲームサウンド部門に関しては独占状態ともいえるクリエイティブからあたらしいサウンドブラスターが発売されるようです。
モデル 予想価格
SB X-Fi Elite Pro 42,800円
SB X-Fi Fatal1ty FPS 29,800円
SB X-Fi Platinum 22,800円
SB X-Fi Digital Audio 15,800円

X-RAM搭載がどれだけゲームパフォーマンスに影響を及ぼすのか(=どれだけ他のリソースに負荷をかけないか)が重要な所ですが、ぶっちゃけゲームのEAX4目的でSBが欲しい場合、Audigyの名前がついてるものなら全部ハードウェア対応してるし、1でも2でもZSでも4でもどれ買ってもあんまり変わらないんですよね。(AudigyLSは除く。LSは最大級の地雷)
128音声サポートのゲーム向け機能「EAX ADVANCED HD 5.0」とのことですが、どうせ対応ゲームが出るのはかなり先ですよ。
X-Fi買うならX-RAM無いと意味無いし、それだと3万弱しますからね。
ハイエンド志向の人はアリでしょうが、コストパフォーマンスを重視するミドルレンジの人は値下がりしたAudigyを買うってのがイイと思いますけどね。

ところで最近何かとFatal1tyばっかつけやがって、Fatal1tyつければなんでも買うと思ってんのかコノヤロウとか思っちゃうのは私だけでしょうか。
【追記】
指標となるベンチとは言え無いっぽいですがguru3dにベンチありました。
特にBF2のtimedemoは別のAudigyと比較しなきゃ意味無いでしょうに・・・
ソフトウェアモードとハードウェアモードと比べてどーする。


人気blogランキングに参加しています。ポチッと投票お願いします。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理人にだけコメント表示を許可する
   管理人がコメントを読むのに遅れる場合があります
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
(当サイトへのリンクの無いトラックバックは削除します。)
http://day8ge.blog15.fc2.com/tb.php/96-815c1fd8
この記事へのトラックバック

このブログはPCパーツやFPSのレビューを中心に、自作PCやPCゲーム、通販レポートについてお送りしています。
お勧めのPCパーツレビューはAntec P180、P182、P183、P280、Mini P180、CWCH50-1など。

FC2Ad